【3分で理解る】西矢椛さんとスケボーについて【今日の雑談に】

sukebo- ニュース

西矢椛さんオリンピック金メダルおめでとうございます!

このページは西矢椛さんのプロフィールや小話を3分で知る事ができます。ぜひ今日の雑談にお役立て下さい。

プロフィール

・名前 西矢椛 にしや もみじ

・生年月日 2007/08/30 13歳

・身長 155cm

・所属 ムラサキスポーツ

13歳という若さでオリンピック金メダルなんてすごい!日本史上最年少金メダリストです

出身地は大阪府松原市

大阪府松原市といえば、湯川浩司さんや元砂勇雪さん、伊藤喜智さんといった競艇選手を多く出しているほか、宮田正直さん(プロ野球選手)や長崎健太郎さん(ラグビー選手)といったスポーツ選手を多く出している印象があります。

そして、叶美香さんの出身地でもあります。

来歴・戦績

5歳の頃、2歳年上の兄がスケートボードをしていたことをきっかけにスケートボードに興味を持つ。

小学1年生から本格的に滑るようになり、現在はスポーツまつばらで練習をしている。

2019年エックスゲームズ・ミネアポリス大会2位 (10歳)
2019年世界選手権準決勝進出 (10歳)
2021 Street Skateboarding World Championships 銀メダル (12歳)
2020年東京オリンピック金メダル (13歳)

10歳にしてアメリカの大会で2位なんてすごい!私が同じ大会に出ていたら心が折れそうですw

スケートボード女子ストリートとはどんな競技?

スケートボード女子ストリート(以下ストリート)は街中を模した手すりや階段、坂道のあるステージで滑ります。

40~45秒の持ち時間で自由に演技を行う「ラン」を2本、一発勝負で素晴らしい技を出す「ベストトリック」5本、合計7回滑り、高得点の4回分を合計した点数で競います。

西矢椛さんのキメ技

今回のオリンピックで金メダルを取る要因となったキメ技は「ビッグスピンボードスライド」という大技です。

上半身は180度、ボードは360度回転させながら(ビッグスピン)手すりを滑る(ボードスライド)大技です。

文字で読んでも分かりづらいと思うので、詳しくは下記のサイトをご覧ください↓

ビッグスピン

西矢椛さんが使っているスケートボード

西矢椛さんがオリンピック大会で使っているスケートボードは「エレメント社製の QUADRANT TEAL PINK デッキ 7.75【2020年秋冬モデル】」になります。

 

しかし残念なことに現在売り切れのため、同じエレメント社製で似たデザインのボードも紹介しておきます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

2021 エレメント スケートボード QUADRANT デッキ 8 【2021年春夏モデル】 全1色 8 ELEMENT
価格:9350円(税込、送料無料) (2021/7/27時点)

楽天で購入

 

 

↑こちらは似たデザインで8インチのもの

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

2021 エレメント スケートボード SEAL デッキ 7.75【2021年春夏モデル】 全1色 7.75 ELEMENT
価格:9350円(税込、送料無料) (2021/7/27時点)

楽天で購入

 

 

↑こちらはデザインは少し離れますが西矢椛さんと同じ7.75インチのもの

↑Amazonバージョン

プロが使っているものでも1万円前後で購入できるのは驚きですね

 

西矢椛さんのインスタグラム

西矢椛さんはインスタグラムもやっています

 

この投稿をInstagramで見る

 

Momiji Nishiya(@momiji_nishiya830)がシェアした投稿

すごい技ですね!

まとめ

  • 西矢椛 の読み方は にしや もみじ
  • 日本史上最年少金メダリストの13歳
  • オリンピックでのキメ技はビッグスピンボードスライド
  • 使っているボードは1万ちょっとで一般人でも同じ道具が使えそう

以上4点が話のネタとして使えそうです。役立てていただけたら嬉しいです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました